7月 27

整食法で滞留便を退治!


整食法とは、食事の取り方を工夫して、胃腸を休ませる食事法です。

断食ではないのですが、きちんと空腹になる時間を確保するので、内蔵を休ませることができます。

また、何日も食事をストップするわけではないので、あまりストレスをためずに空腹を満たすことができます。

整食法の基本的なやり方は、次の通りです。

・就寝前は空腹の状態にする
・朝起きてから6時間は、食事をとらない(水分はOK)
・運動/労働/頭脳労働は空腹時に行う
・たんぱく質と炭水化物は一緒にとらない
・食事は薄味にする

この方法なら、普段仕事をしている人でも、少し工夫すればできるのではないでしょうか。

整食法を行うと、断食と同じように内蔵を休ませることができるので、その間に腸が本来の機能を回復して、滞留便も排出できるようになります。

足が臭い

7月 24

食物繊維も滞留便に効果!

 

滞留便を排泄するために、食物繊維を摂取することも効果があります。

食物繊維の大切さは、テレビや雑誌など、いろいろなところで言われていて、今では常識になっています。

便秘の解消と食物繊維を結びつけて考える人も多いですね。

昔は食物繊維は役に立たないカスのように言われていた時期もありましたが、今では腸のお掃除をしてくれる、とても有効な成分であることが分かっています。

腸の中には、非常にたくさんの細菌が住みついていますが、これらは善玉菌と悪玉菌に分けることができます。

当然、善玉菌が多い方がいいわけですが、食物繊維は悪玉菌を退治してくれる働きがあるのです。

悪玉菌が減って、腸内の環境が良くなると、腸の動きもスムーズになって、それまでたまっていた滞留便も排泄されていきます。

 

7月 21

お茶で滞留便解消

 

お茶の中には、ダイエットや便秘解消に効果があると言われる物も数多くあります。お茶を飲んで、滞留便の排泄を促すということができるのでしょうか。

お茶を飲むことで滞留便を排出しようとする場合、なんといってもお茶の成分が大切なポイントになります。

お茶というのは、喉が渇いたときはもちろん、ちょっと休憩したい時にも飲みますよね。その時に、おいしいお茶を飲んで滞留便に効果があるなら、とても嬉しいと思います。

飲んで痩せるとか、宿便を出したりデトックス効果があると言われるお茶はいろいろありますが、中には効き目があり過ぎて、体調を崩してしまったという例も過去にありますから、信頼できる情報を得て飲むようにしたいですね。

7月 14

腸内洗浄はどう?

 

腸内には滞留便という形で、排泄されずに残った便が存在していることがあります。

滞留便があるとお腹がぽっこり出てしまったり、お肌の調子が悪くなったりと、いろいろと悪影響が表れてしまいます。

腸の中をキレイにお掃除する方法の1つに、腸内洗浄があります。

腸内洗浄とは、専用の細い管を肛門にさしこみ、そこから温水を腸内へ流しこんでいくというものです。温水を注入した後、肛門から温水と共に老廃物や滞留便が排出されます。この注入と排出を数回繰り返しておこないます。

腸内洗浄で腸内がキレイになるといっても、やはりためらう人が多いと思いますが、腸内洗浄を繰り返し行っている人も結構います。

病院で腸内洗浄を受ける方法と、専用のキットを入手して、自宅で行う方法があります。

お肌のキレイにおすすめ
アンプルールの口コミ:夜用スポット集中美容液

 

7月 05

内視鏡で宿便は見れる?

 

便秘やダイエットが話題になる時、滞留便という言葉が使われることが多いです。

宿便という人もいますが、要するに、腸の中に長い間とどまっていて、スムーズに排出されない便のことです。

古い便がすっかり固くなって、腸壁にこびりついている、などと説明する人もいますが、これに疑問を持つ専門家が多いようです。

実際に、腸内を内視鏡で検査しても、そのようにこびりついた便は存在しないからです。

腸壁にこびりつく、タールのような便は内視鏡でも確認できませんが、しばらく排泄されずに腸にとどまる滞留便なら多くの人の腸に存在すると思われます。

断食によって食事がストップしても、それまでたまっていた便が押し出されるため、お通じはあります。

 

エクササイズなどの運動によるダイエットならコアマッスルも鍛えることができ、便秘にも効果があります。

健康的なキレイ痩せで体が引き締まりを実感できておすすめです。

 

6月 23

断食で腸内細菌が

 

腸内には、100種類とも言われるたくさんの細菌が住んでいます。

よく善玉菌・悪玉菌という言葉を耳にすると思いますが、腸内細菌も、善玉菌が多いに越したことはありません。

ちなみに善玉菌の代表はビフィズス菌、悪玉菌の代表はウェルシュ菌や大腸菌などです。

こうした名前は、普段からよく見聞きしていますね。

悪玉菌が多いと、腸内の腐敗が進み、毒素が発生してしまいます。

現代の食生活は、高カロリーで添加物を多く含んでいますし、現代人は3度の食事+間食という、過食気味の傾向があります。

こうして胃腸を酷使している普段の生活では、腸内では悪玉菌が増えていると考えられます。

断食をすると、胃腸をゆっくり休ませることができ、本来の働きができるようになります。

そうすると、腸内にたまっていた滞留便も排出され、腸内細菌も善玉菌が優勢になってきます。

 

6月 11

腸壁に優しい断食

 

滞留便を排出する方法はいくつかありますが、便秘薬や下剤などを使用すると、無理に腸に刺激を与えて便を排出するため、腸壁が傷んでしまうことがあります。

腸の粘膜も便と一緒にはがれてしまうため、免疫力が低下することも考えられます。

断食の場合は、食事を絶って腸を休ませることにより、今までたまっていた滞留便を排出する効果があります。

ですから、無理なことをして腸壁を傷つける心配がありません。

現代の食生活は、どうしても過食気味になることが多いですから、胃腸の処理能力が追いつかず、腸の中に滞留便が存在することになります。

断食によって、腸が本来の機能を取り戻し、それまでたまっていた滞留便を体外に出すことができるのです。

6月 03

断食で便秘解消

 

断食に、便秘解消の効果を期待する人も多いようです。

便を作るには、ある程度の食事量が必要です。

ダイエットをして炭水化物などの量を減らした結果、便秘になったという経験を持つ人も多いと思います。

なのに、断食を行うと、何も食べていなくても排便があるというのは不思議ですよね。

断食を始めてから数日たって、胃がからっぽの状態でも、あらたに便が作られて排泄されるのです。

これにはちゃんとした理由があります。

断食によって、それまでほとんど休みなく働いていた胃腸が、ゆっくり休むことができるのです。

そうすると、腸のはたらきが活発になります。

そして、今まで処理できなかった腸内の滞留便を排出することに、腸が専念することができます。

ですから、断食は便秘解消の効果があって、お腹もスッキリするのですね。

 

5月 29

腸内環境

 

滞留便がたまっている状態の腸とは、どんな感じなのでしょうか。

理想的な状態は、食事した後、数時間たち、栄養分が体に吸収された後の残りが便としてきちんと排泄されること。

ですが、さまざまな原因で便が完全に排泄されず、腸内に滞留便という形で残ってしまうことがあります。

腸内の温度は38度近くあるそうで、腸内の悪玉菌によってどんどん滞留便の腐敗が進んでいきます。

腸内で発生した毒素が体中をめぐってしまうと、いろいろな病気を引き起こしたり、病気にはならないまでも、体調不良を感じたりイライラしたりします。

スッキリと排便でき、滞留便が無ければこのようなことはありませんから、腸内を健やかに保つことはとても大切なことです。

5月 24

滞留便の解消法

 

身体にたまっている滞留便を押し出して排泄するには、どうしたらよいのでしょうか。

便秘薬を使ったり、お茶を飲んだり、運動をしたり、断食をしたり・・・ といった、さまざまな方法が滞留便の排出に効果があると言われていて、どれを行ったらいいのか迷ってしまいます。

便秘に悩んだり、滞留便が気になって、これらの対策法を試した結果、スッキリ解消することができた人もいます。

大切なのは、自分に合った、正しい方法を続けることでしょう。

てっとり早くスッキリしたいと安易に薬やサプリメントに頼ったり、逆につらいのに無理して断食を行ったりすると、体調を崩したり、反動でドカ食いしてしまうこともあります。

滞留便の解消法にはどんなものがあるのか、正しい知識を得て、自分にとって無理のない方法を続けることが大切だと思います。

古い記事へ «