«

»

6月 11

腸壁に優しい断食

 

滞留便を排出する方法はいくつかありますが、便秘薬や下剤などを使用すると、無理に腸に刺激を与えて便を排出するため、腸壁が傷んでしまうことがあります。

腸の粘膜も便と一緒にはがれてしまうため、免疫力が低下することも考えられます。

断食の場合は、食事を絶って腸を休ませることにより、今までたまっていた滞留便を排出する効果があります。

ですから、無理なことをして腸壁を傷つける心配がありません。

現代の食生活は、どうしても過食気味になることが多いですから、胃腸の処理能力が追いつかず、腸の中に滞留便が存在することになります。

断食によって、腸が本来の機能を取り戻し、それまでたまっていた滞留便を体外に出すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*