7月 27

整食法で滞留便を退治!

整食法とは、食事の取り方を工夫して、胃腸を休ませる食事法です。

断食ではないのですが、きちんと空腹になる時間を確保するので、内蔵を休ませることができます。

また、何日も食事をストップするわけではないので、あまりストレスをためずに空腹を満たすことができます。

整食法の基本的なやり方は、次の通りです。

・就寝前は空腹の状態にする
・朝起きてから6時間は、食事をとらない(水分はOK)
・運動/労働/頭脳労働は空腹時に行う
・たんぱく質と炭水化物は一緒にとらない
・食事は薄味にする

この方法なら、普段仕事をしている人でも、少し工夫すればできるのではないでしょうか。

整食法を行うと、断食と同じように内蔵を休ませることができるので、その間に腸が本来の機能を回復して、滞留便も排出できるようになります。

疲労回復を効率的に行なおうと思うのなら

「野菜はいまいち好きになれないのでわずかしか食したりしないけれど、たびたび野菜ジュースを飲んでいるのでビタミンはしっかり補充できている」と思うのは大きな間違いです。

健康維持のために必要不可欠なのが、野菜を中心としたバランスの取れた食生活ですが、状況次第で健康食品を補給するのが堅実だと言えます。

眼精疲労だけではなく、高齢者の発症率が高い加齢黄斑変性症や水晶体に異常が起こる白内障、緑内障の発生を防ぐのにも効果が期待できるとして話題のカロテノイド成分がルテインなのです。

便通が悪いと感じたら、よくある便秘薬を購入する前に、適度な運動や日々の食事内容の良化、健康茶やサプリメントを試してみてはいかがですか?

20代を中心とした若者の間で広まりつつあるのが、問題になっているスマホ老眼ですが、巷で話題のブルーベリーサプリメントは、厄介なスマホ老眼の阻止にもすばらしい効果があることが判明しているのです。

早寝しているのに疲労回復が適わないという人は、睡眠のクオリティが低下しているのかもしれません。そういう場合は、寝る前に香り豊かなバレリアンなどのハーブティをゆっくり味わうことをおすすめします。

ブルーベリー配合のサプリメントには眼精疲労を抑える効果があるため、デスクワークなどで目に負荷を掛けることが予測されるときは、早めに摂取しておきましょう。

「眠る時間を取ることができず、疲労が抜けない」と苦しんでいる人は、疲労回復に効き目のあるクエン酸やウコンなどを意識して補うと良いでしょう。

日常の食生活では摂りにくい栄養素でも、サプリメントを利用すれば手っ取り早く補給することが可能ですので、食生活の見直しをしたい時にピッタリだと思います。

お通じがよくないからといって、即座に便秘薬に依存するのはあまりよくありません。なぜなら、便秘薬の効果によってごり押し的に便通を促すと常態化してしまうことがあり得るからです。

疲労回復を効率的に行なおうと思うのなら、栄養バランスに長けた食事と心地よい睡眠環境が大切です。ろくに眠らずに疲労回復を成し遂げることはできないと思っておいた方がよいでしょう。

日常の食事や運動不足、飲酒やストレスの蓄積など、生活習慣が起因となって発病する生活習慣病は、がんや心臓病を含む様々な病気を生み出す要因となります。

顔面にニキビがあることに気付くと、「お顔のケアがていねいにできていなかったせいだ」と思うでしょうが、真の原因はストレスが関係していることが多かったりします。

栄養が凝縮されたサプリメントは若々しい身体を保つのに有効なものと言えます。それゆえ自分に不足気味の栄養を見定めて取り入れてみることが重要だと断言できます。

ジャンクフードばかり摂り続けると、肥満になりやすいのは言わずもがな、カロリー摂取量が多い割に栄養価がほんのちょっぴりしかないため、満腹感はあるのに栄養失調で体調を乱すケースもあります。