«

»

5月 16

滞留便と消化器の働き

 

食事をすると、胃や腸などのいくつかの消化器を通って栄養が消化・吸収されます。

そして残ったカスが、便として排泄されるわけですね。

体が健康な状態で、適量の食事を摂っていれば、数時間たつと残りカスが便として排泄されます。

ですが、消化器の機能が衰えていたり、食べ過ぎてしまったりすると、消化器の処理能力が追いつかず、滞留便として腸にたまってしまうようです。

滞留便がたまっていると、お腹が重苦しい感じがしたり、肌荒れの原因になったりしますから、少しでも早く出すようにした方がいいですね。

滞留便がたまった状態を改善するには、薬などで滞留便にはたらきかけて排便を促したり、断食によって働き過ぎた消化器を休めるなど、いくつかの方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*